期末テスト終了

期末テストが終了しました。

前回のテストと同様、

・平均点を超えたか?
・前回より点数が伸びたか?
・5教科の順位が上がったか?

でポイント制を導入します。

あとは、100点を取れたり、学年順位が1位になれば特待生です!

結果が楽しみですね。

ただ、元々の趣旨が「苦手な科目も楽しく勉強する」なので、あまり高望みはしません。

「あまり好きではなかった数学が、いくらか楽しくなってきた」という変化が重要です。

何%引きの問題

何%引きの問題
何%引きの問題

小5算数、何%引きの問題。(割合)

例えば、10%は1割、0.1ということが分かっていて、1000円の10%は?と聞くと「100円」と答えられるのですが、1000円の10%引きは?と聞くと分からなくなるようです。

スーパーのお惣菜コーナーで練習してください。

英検の二次試験

英検二次試験
英検二次試験

昨日は英検のの二次試験でした。

結果はどうなのか楽しみですが、合格でも不合格でもこういった外部の試験を何回も経験し、慣れておくことが大切です。

英検、数検、漢検など、3級、2級に合格しておくことで内申にも多少有利でしょうし、中1、中2のうちに受験しておいて損はありません。

次回の英検は6月です。

4ヶ月ありますので、ぜひチャレンジしてみましょう。

中学生を2時間制(120分制)に

できるだけお安く、かつ、十分な勉強時間を確保できないかと、随時月謝や時間割の見直しをしています。

小学生は集中力がなくなってしまうので1時間がベスト、ちょっと延長しても1時間半程度が限界でしょう。

ただし、中学生ともなると1時間では足りず、いつも10分、20分、30分・・・と延長してしまいます。

そこで、中学生は1コマ2時間・120分に変更しようと思います。

なので、例えば数学を週1(月4)という場合は、今までの週2(月8)を参照してください。

1教科増やし、数学・英語の2科目とした場合は週2(月8)となるので、今までの週4(月16)を参照してください。

イメージとしては、月に数学(2時間・120分)、水に英語(2時間・120分)となるわけです。

他では1コマ50分、60分、90分等々が多いですが、1コマ120分はなかなかないと思います。

かつ月謝はお安く設定していますので、これは1コマ60分換算で比較してみてください。

時間、料金ともにご納得いただけると思います。

3月以降に入塾、または、コース変更される方は、上記の1コマ2時間(120分)が適用となります。

期末テスト1日目

いよいよ明日は期末テスト1日目です。(平成中)

「前々日までに提出課題を終わらせ、前日は各教科の再確認」と話しをしましたが、どれだけできてるか?

「課題をこなすこと=テスト範囲の勉強」にはなりますが、やっぱりそれだけでは足りません。

課題+アルファが必要です。

それをやってこれた人は点数を取れるはずですので、明日、頑張ってください!

自主性を尊重します

英語の入門として単語の練習が終わったので、簡単な英文に入ろうかと思っていたところ、「もう1回単語をやりたい」ということで、単語2周目をやることにしました。

十分慣れているので、簡単な英文をやっても大丈夫そうなのですが、「もう1回単語をやりたい」という自主性を尊重します。

基本的には、できる子&できる科目はどんどん先に進んでもらい、苦手な科目は何度でも前に戻る、というスタンスですが、本人の希望は大切です。

ただ、逆の自主性(やらない、やりたくない、逃げる)はダメです。

今日から期末テスト対策

今週の木・金は平成中、来週の月・火は東中が期末テストです。

英語・数学に関しては最低限平均点超えをクリアしてもらい、5教科で前回よりも順位を上げる、10位以内・20位以内に入るなど、結果を出してもらいたいです。

期末は9教科なので、提出課題も多くて大変でしょうが、それは各自で頑張ってもらうとして、テスト前日には次の日のテスト勉強ができるようなスケジュールを組みましょう。

テストの前日に「提出課題が終わらなくてヤバい」なんて言っているようではマズいです。

平成中の場合は月・火で提出物は完了させ、水は木のテスト勉強、木は金のテスト勉強といったかたちです。

東中の場合は土日を挟んでテストなので、時間的な余裕があり、これを有効に活用しない手はありません。

くれぐれも遊ばないように!

今日からの期末テスト対策もしっかり勉強しましょう!

学年の総復習

期末テストが終わったら、各学年毎に総復習をしていきます。

中2なら中1までさかのぼって英語・数学の問題を解き直します。

もし数学や国語が苦手なら、小6とか小5の問題からやっていってもいいでしょう。

中2は北辰テストがもう始まりますし、中3になればテスト毎にテスト対策している暇がありません。

なので、期末テスト後の総復習を効率よくやって、中3の勉強を早めにスタートさせたいところです。

入塾するなら今がベストなタイミングと言えます。(人数制限をしていますので、早い者勝ちです)

2~3月で総復習、新学年の勉強をスタートさせましょう!

国語の文法・読解

以前、国語の勉強(http://school.office-kumagai.com/?p=794)でも触れましたので、繰り返しになります。

小学生、中学生ともに英語・数学をメインとしていますが、ご希望により国語も対応いたします。

内容は教科書に沿った文法や読解となります。

基本的に国語の教材を用意しておりませんので、ご希望の場合はお早めにご連絡をいただければ幸いです。

さて、小中の国語の勉強とは直接関係ありませんが、実はフリーライターとしての顔も持っていますので、書くことには慣れています!